住宅ローン

住宅ローン

<日本初の住宅ローン>

意外にも、日本の住宅ローンは100年以上の歴史がある。

日清戦争が終わり経済が活況を呈してくると、一般の市民の間にも建物新築の機運が高まってきた。

しかし、金融機関による住宅ローンなどの制度がない中では一般市民の住宅資金は金貸しと呼ばれる個人金融業者に頼るほかはなく、個人の住宅建設、不動産売買の弊害となっていた。

法人組織による不動産金融事業の必要性から、安田財閥の創設者である安田善次郎は、一般市民のための不動産金融とその付帯事業のため、1896年(明治29年)に東京建物を設立した。

1897年(明治30年)に掲載された東京日日新聞の紙面広告によると、返済期間は5年以上15年以内と定められており、これが日本の住宅ローンの原型と言われている。

そのため、日本の住宅ローンは、銀行や公的機関ではなく不動産会社から発祥している。

<関西圏の住宅ローン>
阪急電鉄の創始者、小林一三は、関西圏で土地付き住宅の月賦販売を行った。

1907年(明治40年)、前身の箕面有馬電気軌道を設立した小林は、鉄道沿線の付加価値を高めるため、本業以外に、土地開発や、百貨店、娯楽施設などの経営にも乗り出す。

事前に安く仕入れた土地を、鉄道敷設によって地価を上げ、住宅地として分譲した。

当時、土地を購入するのは資産家に限られていたが、中間層にも顧客の幅を広げるために、月賦販売を積極的に行った。

<アメリカの住宅ローン>

アメリカでは、将来的な不動産の値上がりを前提として、低所得者層に対して比較的高金利で住宅購入資金を融資する「サブプライム住宅ローン」が存在する。

しかし、2006年頃から不動産の値上がりが鈍化し、返済が滞るケースが続出、住宅ローン会社の経営が悪化していると言われ、アメリカ経済への影響が報じられている。